今さらですが、不動産投資とは…?

不動産投資とは

不動産投資とは

「不動産投資」は難しい、面倒だ、リスクが高い…。
そんなふうに思われている方が、多いかもしれません。
そもそも不動産投資で、あなたが何ができるのか。
道を誤らなければ、幸福が訪れやすい投資方法の1つなのです。

不動産投資の基本線

不動産投資の基本線

大きく分けてふたつの収入方法があります。「家賃収入」は、マンションやアパートを購入して賃貸に回すことで、月々に賃貸人から家賃を得るものです(インカムゲイン)。「売却益」は購入した物件を、物件の価値が上がった時点で売却し、その差額を利益とするものです(キャピタルゲイン)。

小さいものはマンションの一室から、土地付き戸建て、アパート1棟、そして、大型マンション一棟全てまで、たくさんの種類があります。規模だけではなく、新築か中古か、「交通の利便性がよい」「大企業が近くにある」など、さまざまな要因で、その投資価値、収益、リスクが大きく変化します。

不動産投資の傾向

不動産投資の傾向

株式や先物取引、FXなどの金融投資に比べて、リスクはかなり低く、長いスパンで収益を見込める不動産投資。所得税などの節税効果が期待できるため、最近、公務員や一般のサラリーマンが投資を始める例が多く見られます。

また、公的年金への不安や退職金制度の縮小傾向などで、老後への蓄えとして不動産投資を考える方々が多くみられるのが近年の傾向です。

また、地方よりも都市部の物件を求め、一攫千金ではない長期の収入源として「家賃収入」を目指す投資者の増加が顕著です。

不動産投資のメリット

  • 金利、株価の変動などに左右されづらい不労所得として、安定した収入が得られます。
  • 超低金利時代にもかかわらず、高利回りでの資金運用が期待できます。
  • 実際に物件を購入する=「担保」があること。小額の自己資金でスタートできます。
  • 管理費、修繕費、減価償却費などを申告することで所得税の還付ができ、節税対策として有効です。
  • 時価ではなく路線価などで評価され、賃貸中ならさらに控除も…。相続税、贈与税も節税できます。

メリットを享受するためには深い知識、経験、実績のある「パートナー」のアドバイスが不可欠です。
親身になる、よりよいパートナーとして、JDスクエアをお選びください。

不動産投資のデメリット

  • 家の傾き、上階から水漏れ、耐震強度不足など欠陥物件を購入しないことが絶対条件です。
  • 近くに騒音の発生源があるなど、居住環境の悪さは投資価値をガクンと下げます。
  • 建物が古い、最寄駅から遠いなど、空室になりやすい物件を掴まされることがあります。
  • 家賃を滞納する賃貸人が入ってしまうと、空室よりも始末が悪い場合が多いのです。
  • 地震などの天災、火災などの人災で、資産そのものを失う可能性が無いわけではありません。

デメリットはあらかじめ最小限に防ぐことができます。
JDスクエアは、リスクを最小限に抑え、お客様が安心して投資ができる環境作り・要件作りをお約束いたします。